Pocket
LINEで送る

川柳少女は昔から購読している週刊少年マガジンで掲載されていますが、私がこのマンガを詳しく知ったのはネット掲示板でした。

昔から連載しているマンガばかり読んでいて気付かなかったのですが、ネット掲示板でこのマンガのヒロインが一番かわいいと評判になってみてみる事に。

口コミ通りヒロインの七々子がめちゃくちゃ可愛くて、週刊誌を買っていたにも関わらずコミックで1話から初見で読み始めました。

あらすじ

いつもニコニコしていて優しい七々子ですが、4巻では超珍しく「つーん」と怒っているシーンから始まってしまいます。

一件落着した後は闇鍋パーティーや先輩の指示で行われる疑似修学旅行など、4巻でもイベントが盛りだくさんです。

そして後半からスポットが当たるのはエイジに中学時代から片思いをしているなんちゃってヤンキーの五町。七々子の事を色々と誤解しているのですが……

感想

七々子はどんな表情をしていてもかわいい!

出だしから珍しい怒った表情をしている七々子なのですが、怒ったところもかわいいです。顔はもちろんですが、怒った時の効果音が「つーん」や「ぷいっ」っていうのがまたかわいい!もともと喋らない性格なので、怒っている事を態度で示そうとしているのが最高に萌えました。

そして次にかわいいと思ったのは闇鍋の最中に暗闇に乗じてエイジに「あーん」をしてもらおうとしたシーン。目をつむって制服の袖から指だけをだしつつ口を開けて待っているなんて萌え要素の塊にしか見えませんでした。暗闇とはいえ珍しく大胆な一面が見れてにやけてしまいまうようなシーンです。

珍しい一面といえば五町の想像する七々子も見ていて面白い事になっていました。五町は七々子を「とんでもないヤンキー」だと思い込んでいたので、七々子に恐ろしいイメージを抱いています。想像とはいえ、いつものほわほわした七々子と違い、目を見開いてせまる様な七々子も新鮮で良かったです。

部長はいつも通りの破天荒っぷりを発揮!

毎回のように存在感抜群のアマネ部長ですが4巻でも強烈な印象を残してくれました。先輩は修学旅行で京都へ行くのですが、スマホのナビに従い歩き続けた結果「ザ・金閣寺」という名のラブホテルへやってきてしまう事に。いったいどこまでスマホナビを過信すればそんな事になってしまうのか……

そして部長といえば何といっても恋愛関係の悲しい話し。中学時代にやらかした大文字焼きブラすけすけ事件を思いだしたりしながら、時には神頼みで賽銭箱に1万円札を入れようとしたり、恋愛成就のご利益がある「恋占いの石」ではまわりに手拍子を求めるほど真剣な様子に哀愁すら感じました。

4巻でもトレードマークとなりつつあるサングラス姿はよく出てきます。初対面の後輩にはかなり強烈なイメージを残していくほど怪しげな風貌。ちなみに修学旅行の1コマでもサングラス姿が描かれており、旅行に持っていくほど本人的にもかなり気に入っている様子です。

五町はエイジに片思い中の勘違い系なんちゃってヤンキー

4巻の後半には中学時代からエイジに片思いをしている五町にかなりスポットが充てられていました。見た目は七々子と真逆で髪を染めたヤンキーなのですが、中身は七々子と同じく文学少女です。見た目ばかり先行してしまっていますが、驚いた時には「はわー!」とか言っちゃう乙女でした。

エイジと仲の良い七々子の事をバリバリの不良だと勘違いしているのですが、その情報源はほとんどマンガでした。七々子に恐ろしいイメージを抱いており、ニコニコしていても幸せそうにおにぎりを食べていても絆創膏をはってもらっても、とにかく何か裏があると考えてしまいます。

そんな五町にある日偶然ゲーム内で七々子の部屋に招待されるチャンスがやってきました。七々子の事を知ろうとしてスリーサイズや住所を聞く怪しい行動をとったりしながらも、話していると徐々に七々子に親近感を抱くようになってきます。そして五町が最後に勇気を出してとった行動は……

まとめ

4巻も七々子は可愛さ全開でした。今回は特にいろいろな表情が見れたので大満足です。その中でも1番の見どころは疑似修学旅行での1コマ。あの仕草と表情、そして俳句の内容は確実にファンを悶えさせるもので「ここで萌えなければいつ萌える!?」というほど萌えます。個人的には4巻までで最高の1コマでした。

そして一気に存在感を出してきた五町も気になります。外見は似非ヤンキーですが、文学少女同士で七々子ともかなり気が合う様子でした。ただ好きな相手がエイジと言う事で、この先3人の関係がどのようになっていくのか楽しみな反面怖くもありますね。言うまでもなく地味な中学時代から美少女でした。

私はこの作品のPVを見てからマンガを読み始めたせいか、七々子の声優をしていたのが花澤香菜さんだったのであの声で七々子の声を想像しています。なので一刻も早くアニメ化して4巻最後の疑似修学旅行回を見てみたいと思っています。想像しただけでキャラと声のかわいさで脳が溶けそうです。

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10

Pocket
LINEで送る