Pocket
LINEで送る

飲み物擬人化マンガとして誕生し、トリビアだけでなくシモネタも含んだきわどい台詞だけでなく、ある層からするとご褒美なカフェちゃんのエッジの効いた毒舌から人気になったのが【カフェちゃんとブレークタイム】です。

カフェちゃんとブレークタイムの魅力の一つになっているのが、個性的なキャラクターたち。
連載開始からかなりキャラクターが増えていることもあり、人それぞれ思い入れがあるキャラクターが違うのもポイントです。

そこで、今回は、各キャラクターを紹介しつつ投票を募る人気投票を開催したいと思います。
目的は順位を決めることではなく、「このキャラが好き!」という声をポルリン先生に届けることです。

票数の集まったキャラクターは出番が増える…………かも? それでは、張り切ってまいりましょう!

※当人気投票は非公式です。ポルリン先生ご本人に開催の承諾は頂いております。

※アイキャッチ画像
引用元:カフェちゃんとブレークタイム 2、ポルリン、アスキーメディアワークス、Kindle版、P57

魅惑の登場人物(飲み物?)たち

○カフェちゃん

作品の看板娘。コーヒーを擬人化したのがカフェちゃんです。スレンダーなボディーが特徴で、ネットスラング『お前ら』の心を見透かし、的確にえぐってくる毒舌が魅力。黒ストッキング党にとっては大正義

様々な衣装に着替えてくれたり、入浴シーンがあったりとサービスシーンも多めです。たまにデレ……とは言わないものの、読者に意味深な言葉で誘いをかけてくれるのもポイント。作品中の様々なキャラから好意を寄せられていますが、変態的な愛情表現も多いので強烈なカウンターを喰らわせるシーンも含まれています。

なお、親友であるティーちゃんに対しては完全にツンデレなので、テレ顔のギャップも魅力です。

吹き出し

【カフェちゃんを推したいポイント】毒舌とスレンダーバディのエロス。頭の回転の速さも魅力。

○ティーちゃん

ティーちゃんの大親友。紅茶を擬人化したのがティーちゃんです。カフェちゃんからは『こうちゃん』と呼ばれています。カフェちゃんと対照的に出るところが出ているナイスバディの持ち主で、カフェちゃんから嫉妬されることも。

羞恥心が薄く、脱ぐことに抵抗がない……というより、若干の露出癖があり、周りを巻き込んでサービスシーンになること多数。服飾のセンスがあるのも特徴で、カフェちゃんを(強引に)着替えさせるシーンも存在します。

若干オツムが弱い部分があるのは紅茶が『発酵』しているからなのか、切れ者のカフェちゃんとのバランスをとるためなのか……基本ポジティブなのもティーちゃんの魅力です。

吹き出し

【ティーちゃんの推しポイント】おっぱい。ポンコツポジティブ&健康的なエロス。

○緑(みどり)ちゃん

ティーちゃんの妹。緑茶の擬人化キャラクター。前髪パッツンのロリっ子。楚々とした外見で性格も基本控えめでありながら、趣味で薄い本を作ったりするなど、なかなかにディープな面も。緑茶は不発酵なのに、『腐発酵』しているという指摘も。

一生懸命すぎて空回りするシーンも多く、周囲に愛される妹キャラとしての地位を確立しています。カフェちゃんとティーちゃんのやりとりを見ながら百合妄想をはかどらせ、鼻血を流すシーンもあります。

趣味が濃いのにシモネタには疎い男性に対する免疫がないなど、外見相応の幼さをもっていることも魅力になっています。

吹き出し

【緑ちゃんの推しポイント】和風ロリ。趣味が腐っているのにうぶというギャップと、性の知識がないゆえの無防備発言。

○セイちゃん

ティーちゃんの妹、緑ちゃんの姉。ウーロン茶の擬人化キャラクター。ウーロン茶は半発酵のお茶で、中国では青茶に分類されるのが名前の由来。お茶姉妹はもともと同じお茶の茶葉からできていて発酵の度合いと年齢が対応していることに。

カフェちゃん大好きっ子で、カフェちゃんが好きすぎる余りに変態的な発言をしてしまったり、変顔をさらしたりなど、ギャグメーカーとしての立ち位置が目立ちます。特に変顔はLINEスタンプにも採用されているため、やたらと目立つことに。でも、基本は美少女です。

カフェちゃんへの愛に共感してしまった人は確実に末期です。

吹き出し

【セイちゃんの推しポイント】活動的なスタイルと明るい性格。ムードメーカーにしてスパッツ枠。

○龍(りゅう)

セイちゃんの帯になっている、お供というべきかマスコットというべきかと迷う存在。声は男性。なぜか関西弁で話し、お茶に関するトリビアを披露する一方、変態的な発言でドン引かれたりするのはセイちゃんと同様。

緑ちゃんのような未成熟な体型を愛しているため、一部の人から共感され、一部の人から……どう思われているかはご想像にお任せ。

吹き出し

【龍の推しのポイント】ある意味読者に一番近い存在。趣味によって共感できる人といない人はいるものの、貴重な男性目線を提供してくれるキャラ。

○ココアちゃん

ココアの擬人化キャラクター。スレンダーボディーに褐色肌、オッドアイに中二病、片メガネと外見的にも性格的にも属性と特徴がてんこ盛り常識を知った上であえて中二病を選択している節があり、単純な痛い子ではなかったり。そのためか、各キャラクターとも良好な関係を築いている部分が目立ちます。

どや顔で迷言を披露したりする一方で、言動に付き合ってくれる緑ちゃんには『恥ずかしいなら素直に言っていい』と告げるなど思いやりが見え隠れすることも。

吹き出し

【ココアちゃんの推しポイント】凝ったキャラクターデザインにちょっとこじらせ気味な性格。仲間に合わせて水着に着替えるなどノリが良い部分も。

○ラムネちゃん

ラムネ擬人化キャラクター。さわやか系でスポーティーなイメージの美少女。炭酸のイメージで、非常にさっぱりした性格になっています。ただし、ラムネはレモネードが語源で、国によって定義が変わります。そんなわけで、登場する場面で性格が大きく変わることも……

炭酸飲料ではなく、しっとりとした大人っぽい一面も見せたり、エピソードごとの変化が大きいキャラクターの1人になっています。

吹き出し

【ラムネちゃんの推しポイント】活発美少⇔大人の雰囲気漂うしっとり系美少女の魅力のギャップが両方味わえるキャラクター。夏のレギュラーキャラ。

○ミルクさん

牛乳擬人化キャラクター。ティーちゃん以外初の巨乳キャラクター。年上のお姉さんのイメージからか、『さん』付けなのが特徴。外見的には落ち着いたお姉さまなのに、ドM(ミルクのMはマゾのM)、カフェちゃんが大好きすぎて見かけると猪突猛進状態になるなど、登場時からかなりの壊れっぷりを披露したのもポイント。

自分で『人気が出なさそうなデザイン』とメタ的な発言をした上で、『人気キャラクターに囲まれて劣等感を味わいたい』という旨をカフェちゃんに告げるなど、非常に濃ゆいキャラ。

吹き出し

【ミルクさんの推しポイント】なんといっても巨乳。カフェちゃんに対しては変態的な発言が目立つものの、ティーちゃんや緑ちゃんにはお姉さんの落ち着きを見せてくれるギャップキャラ。

○ミカンちゃん

オレンジジュース擬人化キャラクター。さわやかな見た目と性格……と思いきや、登場してすぐに『腐』な部分を披露してしまい、アクの強いキャラクター枠に。コーヒーとジュース類の売上げを比較するなどメタ的な発言が多く、有名作品のパロディーを思わせる顔芸を見せるなど、かなり自由。

ジュースつながりでリンゴちゃんと共に行動することが多く、初登場時も一緒に登場。

吹き出し

【ミカンちゃんの推しポイント】さわやかな外観を裏切る多彩な顔芸がポイント。どんなマンガやネタのパロディを入れてくれるかわからないコメディーリリーフとしての役割も。

○リンゴちゃん

リンゴジュース擬人化キャラクター。第三の巨乳キャラクター。各キャラコスプレ時以外の初メガネっ娘であり、引っ込み思案で恥ずかしがりやな性格。しかし、わがままボディの持ち主と、そのギャップが(略)

ミカンちゃんに過激なイラストを描いてとリクエストされた時も『そのくらいならいい』とすぐに答えるなど、『実はドエロ』疑惑があるキャラクターであったりもします。そのくらい『以上』を普通に考えられるんですね……

吹き出し

【リンゴちゃんの推しポイント】ボディのメリハリと性格のギャップ。力を入れるところは力を入れているようなので、今後のエピソードの広がりに注目でポテンシャルが高いのも魅力。

まとめ&★投票所★

皆さんはどのキャラクターに投票したいと思いましたか? カフェちゃんとブレークタイムはニコニコ静画の『カフェちゃんとブレークタイムD』で好評連載中です。

作者のポルリン先生のTwitterでも情報がチェックできるほか、『enty』『Fantia』といったクリエイター支援サイトでイラストを見ることが可能です。

同先生のクリエイター支援サイトでの活動詳細は、記事の反響次第で別特集を組ませて頂く可能性もあります。

「まだ読んだことがない!」という人も含めて、是非投票してくださいね。

第1回、カフェちゃん人気投票!あなたが好みのキャラは誰?

View Results

Loading ... Loading ...

月10冊程度、年間100冊超の漫画を読むフリーライター。非定期で友人と百合漫画を語る会を開きますが、ジャンルは不問で何でも読みます。

Pocket
LINEで送る