Pocket
LINEで送る

中原くんの過保護な妹 4 (バンブーコミックス WINセレクション)

『中原くんの過保護な妹』は「まんがライフWIN」を中心に連載されている4コママンガです。Webで読める4コマが増える中、4巻も続く人気作になっています。

タイトルどおりに中原君こと祐介と、中原君の過保護な妹まりあを中心とした兄妹コメディーで、4巻はまりあが過保護になった原因(?)が判明してしまいます。

美少女に囲まれながら何もない中原君のヘタレぶりに女性陣の言葉が刺さりまくるのもポイントで、今回は刺殺級のアクシデントが送るのも特徴になっています。

あらすじ

突然実家に帰ったまりあを追いかける祐介ですが、祐介が心配だからとまりあの友人の瑠衣と麻帆もついてくることになります。

地元に戻った三人を待ち受けていたのは、まりあは父のぎっくり腰で帰っただけという衝撃の事実でした。姉には詳細なメールを送っていたものの、気付かれなかったためすれ違いが発生していたのです。

これで一件落着かと思いきや、問題なのはぎっくり腰の父ではなく母の方。母が超のつく不幸体質のため、後々まで影響を受けることになってしまうのです。

感想

モテているのに自覚できない祐介の不甲斐なさ

しらたま。しらたま。

ただし、母も姉も妹もいる。特に出かけたりもしない。

『中原くんの過保護な妹』の魅力になっているのが過保護な妹まりあを中心とした美少女たちです。タイプの違う美少女が複数登場し、主人公祐介の周りには常に美少女が絶えないことになります。

では、ハーレム状態かと言えばそれは違います。祐介はまりあの親友瑠衣を意識していますが、瑠衣は祐介を異性として認識していないため何気ない一言で何度も打ちのめしていくことになるのです。ぼろ雑巾のようになっていることもありますが、それでも思い続けるあたり祐介は健気です。

しかし、4巻では麻帆が積極的に祐介にアプローチするシーンが目立ちます。が、瑠衣を好きなのを知られていると思っている祐介は異性としてアプローチされていることに全く気付かないのです。鈍さを指摘されて撃沈するシーンも多めで、『空気が読めないのは損』ということを体現するキャラクターになっているのです。

入浴シーンなどサービスシーンが豊富

4巻は全シーンにわたって夏休み中であり、女性キャラクターの服装も開放的になっています。水着回はないものの入浴回が存在し、しかも中原君の母親の脱ぎ癖が判明します。お風呂が開けばすぐ服を脱いでしまうという短絡思考ぶりなのです。

まりあが過保護になったのは、母の天真爛漫さと不幸体質が影響しています。誰かが世話を焼かないとまともに生活ができないため、人の世話は焼くものだと刷り込まれた状態になっているのです。世話を焼くことで精神が安定するため、誰も止める人がいないのもポイントです。

なお、女性陣の入浴中に聞き耳を立てる男性陣というお約束も存在します。覗かないのは家族だからというのもありますが、女性人のトーク内容にざっくり刺されて倒れるシーンも存在し、自業自得としか思えないのもポイントになります。余談ですが、たわわ勢が多めです。

母、中原君ちに来襲す

しらたま。しらたま。

窓から落ちるのがデフォルトの女性がベランダ(6階)に立った場合……

メインキャラに匹敵する活躍を見せる中原君のお母さんですが、なんと今回は祐介の家で一緒に過ごすことになります。理由は不幸体質過ぎて実家で面倒見てくれそうな人が存在しないためです。中原君ちで一時的に預かった方が良いという結論に至るからです。

お母さんの特徴は、ロリ巨乳……だけではなく、本人は無傷でも周囲に甚大が出るタイプの不幸の持ち主であることです。中原君ちで預かることになってもあれこれとトラブルを持ち込むことになります。

特に4巻は恋愛に関するトラブルも持ち込むことになり、祐介の心に即死級のダメージを刻むのがポイントです。無自覚に傷をえぐる妹まりあの存在も罪深いといえます。無邪気だからこそ残酷な部分がありつつ、中原兄妹は少しずつ成長することになるのです。

まとめ

ブラコン、シスコンの度合いが目立つ『中原くんの過保護な妹』ですが、4巻はラブコメ要素もふんだんに取り入れられています。ほっぺげ先生の過去作の人物が登場するなど、ファンサービスが目立つのもポイントです。

物語上のターニングポイントになりえるエピソードも盛り込まれていて、今後祐介がどのように自分の感情に向き合っていくかが今後の見所になりそうです。

まりあも少しずつ成長しているため、このまま兄離れすることはありえるのか、むしろお母さんはいつまでいることになるかなど、続きも気になる内容になっています。

月10冊程度、年間100冊超の漫画を読むフリーライター。非定期で友人と百合漫画を語る会を開きますが、ジャンルは不問で何でも読みます。

Pocket
LINEで送る