Pocket
LINEで送る

五等分の花嫁(3) (週刊少年マガジンコミックス)

5つ子ヒロインを一挙に登場させ、なおかつその内の一人と最終的に結ばれることを示唆するという衝撃的な幕開けからはや半年。春場ねぎ先生の『五等分の花嫁』第3巻が発売されました。

タイトル通り、5つ子ヒロインそれぞれの見せ場も可能な限り等分されフラットに描かれていることでも有名な本作ですが、第3巻もその例に漏れず5人全員の魅力がたっぷり詰まっています!

ちなみに私の推しキャラは見た目ならショートカットの長女・一花。性格なら元気いっぱいの四女・四葉です。推しキャラの登場頻度によってモチベーションが左右されてしまうのがラブコメの良いところでもあり悪いところでもあるのですが、5人全員を平等にかわいく描いてくれる『五等分の花嫁』はモチベの波に左右される心配もありません!

あらすじ

家庭の事情から貧乏暮らしを強いられている上杉風太郎(うえすぎ ふうたろう)はひょんなことから生活のために同級生の中野一花(いちか)・二乃(にの)・三玖(みく)・四葉(よつば)・五月(いつき)ら5つ子姉妹の家庭教師を務めることに。しかし、彼女たちのほとんどが非協力的で家庭教師の仕事は思うように進まず悪戦苦闘。

少しずつ心の距離を詰めていき、ちょっとおバカで元気が取り柄の四葉、口数が少なく感情表現に乏しい三玖、お姉さん気質で女優志望の一花ら3人を勉強会に参加させることに成功した風太郎だったが、次なる試練は中間試験!

家庭教師を務めるようになってから初の試験で「5人全員赤点ゼロ」という無理難題を押し付けられる風太郎。果たして彼らは中間試験を無事乗り切ることができるのか?そして、その先に待つドキドキの林間学校イベントへと辿り着くことができるのか!?

第3巻の見所

5つ子たちの初めて見せる表情

第3巻ともなればヒロインたちとの心の距離もかなり縮まってくるのがラブコメの常道。本巻では5人全員にいままで見せたことのない初めての表情が描かれています。

とりわけ、私が衝撃を受けたのはいつも明るく快活な四葉が見せたこの表情。なんなんですかこの小悪魔スマイルは!他の姉妹がリボンつけて四葉を演じてるだけなんじゃないんですか!?こ、心が掻き乱される……!

他にもいつも余裕ぶっている一花の赤面や強気女子である二乃の泣き顔、恋する女の子としてさらなるステップアップを果たした三玖の積極的アプローチや風太郎とは犬猿の仲である五月のデレ顔などなど、1~2巻では見られなかった彼女たちの変化を存分に楽しむことができます。

風太郎と5つ子の絆

第3巻の中心エピソードはなんといっても中間試験。勉強嫌いの5つ子たちをどうにか懐柔して成績をアップさせようとする風太郎ですが、もちろんすんなりうまくはいきません。

風太郎は頭は良いのですが、女子とのコミュニケーションの取り方がかなり不器用。しかし、彼の誠実さは徐々に彼女たちの心を動かし、歩幅は小さくても確実に一歩ずつ距離を詰めていきます。

五等分の花嫁』が始まって以来、初めて6人が協力して大きな試練に挑んだ本巻は、彼らの間で育まれてきた頼りない絆が大きな成長を見せるターニングポイント。もちろん、まだまだ問題は山積みですが、初めての家庭教師で無理矢理家を追い出された頃を思い返すとなんだか感慨深いものがあります。

林間学校への布石

第3巻は一つの節目であると同時に次巻から突入する林間学校編に向けた布石をわかりやすくまとめた内容に仕上がっています。1~3巻で築き上げてきた5つ子ヒロインそれぞれのポジションは間違いなく林間学校で大きな転換点を迎えることでしょう!

風太郎への想いという点で大きくリードしているのはやはり三玖。とうとう、内なる恋心に気づき始めた彼女はいったいどのような行動を取るのか?また、その中で三玖にとっての恋敵的ポジションについた一花の動向も見逃せません!

風太郎への好意はほとんど感じられないものの、彼の小さい頃の写真に異様な興味を示すという独自ルートを突き進むニ乃にも動きがありそうですし、本巻で恋する乙女チックな表情を見せた四葉にも注目しておきたいところ!そして、登場順的に正ヒロインとしての大きなアドバンテージを獲得している五月もまた林間学校を通じてどのような変化を見せるのか。早く第4巻を読ませてくれー!

まとめ

五等分の花嫁』の魅力はなんと言ってもヒロイン全員がかわいくて、なおかつ平等に描かれているところ!ヒロインが多く登場するラブコメってどうしても後に登場するヒロインほど不利になるじゃないですか。その点、本作は第一話ですべてのヒロインを出し切り、誰か一人が突出しすぎないよう繊細に配慮されているので誰もが悲しみを背負わずに読めちゃうんです!

実際、第3巻でも21、22話を除くすべての話に5人全員が登場しています(21話は一花セリフ無し登場のみ、22話は二乃・五月登場なし)。『五等分の花嫁』というタイトルは伊達じゃないわけですね!

ちなみに第3巻には店舗特典がついてくるそうです。店舗によってイラストが異なるため、非常に悩ましいところ。個人的には警察官姿の一花とシスター姿の二乃がとてもエッチだと思います!要チェック!

物語の行間に潜む感情の機微を炙り出せるような記事を書きたいです。ショートカットで元気な女の子が大好きなので、オススメの作品があったらご一報ください。

Pocket
LINEで送る