Pocket
LINEで送る

人間関係とは、本当に難しいものです。親しき仲に礼儀あり、ではありませんが、子供の頃であればいざ知らず、年を重ねるごとに、本音で語り合える相手はどんどん減っていきます。たとえ、その人物が家族や友人、恋人であっても……。

「猫戸さんは猫をかぶっている」の主人公・桐生(きりゅう)了(あきら)と、彼のクラスメイトである猫戸(ねこと)りらには、幼い頃から他人に言えない不思議な能力がありました。それは「本性を隠して猫をかぶっている」人の頭に、文字通り「猫のかぶりもの」が見えるというもの。

この作品は「猫が見える」能力のせいで人間不信に陥っている了と、同じ能力を持ちながら「猫をかぶり続けた」せいで本音で語ることができなくなったりら、常に本音で相手にぶつかっていく設楽(しだら)夏菜(なつな)が織り成す、ドタバタ学園ラブコメディです。

あらすじ

桐生了は、県立高校に入学したばかりの高校一年生。彼は「春は新たな出会いと恋の季節」と言わんばかりに見せつけてくる初々しいカップルたちを横目に、溜め息をつく毎日を送っていました。別に、イチャイチャしている彼らが羨ましい訳ではありません。

了には、本性や本音を隠して振る舞っている人が、比喩表現ではなく「頭に猫をかぶっている」ように見えてしまうのです。そのせいで、話しかけてくる相手の言葉が、本音なのか、嘘であるのかがわかってしまい、人間不信に陥りつつありました。

しかし、了の同級生である設楽夏菜は、学校中の女性(教員含む)の中で、ただ一人猫をかぶっていませんでした。夏菜となら本音でおつきあいができるのではないかと、了は胸をときめかせます。ところが、了の元にクラスメイト達から「天然カワイイ」と称される超絶ぶりっ子・猫戸りらが近付いてきて……?

感想

絵にするとインパクト大! ありそうでなかった表現方法

ペットの猫を頭に載せたり、ネコミミ付きの帽子を被って「猫をかぶる」という比喩表現をビジュアル化したものはたくさんありますが、本作「猫戸さんは猫をかぶっている」のように、特殊能力として前面に出してきた作品は、これが始めてなのではないでしょうか。ありそうでなかったこの表現手法、馬鹿馬鹿しいと侮るなかれ。可愛い女の子の頭上に乗せられた、これまた可愛らしい猫。相乗効果で可愛らしさがマシマシなのです。作者様の柔らかいタッチと相まって、独特のほのぼの空間を醸し出しています。

この「かぶりものの猫」は、あくまで相手が「猫をかぶっている」時にしか現れないのもポイントです。そう、相手が本音をさらけ出している時には、猫が視えないのです。これまでずっと本心を隠していた子が、涙声で訴えかけてきた。いつもの猫かぶりだろうと思って頭を見たら、猫がいなくてドキッとする……。と、このような感じで「猫視」の力が良い具合に踏み込み過ぎない読心能力として働いており、他作品とは異なるパンチの効いた味付けを実現しています。

そんな「猫」を視る能力ですが、単に他者の本性を暴くだけでなく、デメリットらしきものもあるようです。主人公の了は気付いていませんが、彼と同じ能力を持つ少女・猫戸りらには第1巻目の時点で既に悪影響が出始めているようで、時折怪しげな行動をとります。りら本人は、それを「猫化」と呼んで警戒しており、了にも忠告しようとするのですが……普段から猫をかぶりまくっていて本心を露わにできない彼女の言葉は、人間不信に陥りつつある了には届きませんでした。能力のない第三者である夏菜が、今後のキーポイントになりそうな予感がします。

平和に過ごしたい了の生活を掻き乱す少女たち

幼い頃から「猫」が視えるせいで若干人間不信に陥りつつも、そういう体質なのだからと無理矢理納得した上で上手く世渡りをする了。そのため、友人やクラスメイトには「人当たりの良い人物」「みんなのまとめ役」などといった評価を得ています。ところが、そんな了の平和な生活を掻き乱す存在が現れました。それが猫戸りらと設楽夏菜です。「猫をかぶる」女の子に嫌悪感を抱きつつも、異性に対する幻想を捨てきれない了は、普段から「猫をかぶらない」夏菜に対し、徐々に好意を寄せ始めていました。

普段は自らも猫をかぶる了も、夏菜の前では飾らない自分でいることが誠意だと信じて努力するのですが、彼女の前ではどうにも空回りしてしまいます。相手の「猫」を視て対処することに慣れきっている弊害もあるのですが、彼の想いが通じず夏菜に誤解されてしまう最大の理由は、りらの言動にあります。常に了の側にくっついて周り、彼とつきあっているようなそぶりをするからです。了はどうにか誤解を解こうとするものの、なかなかうまくいきません。この空回りぶりが気の毒でもあり、笑いを誘うのです。

当然、何かと邪魔をするりらに対し、了が好意を向けるはずもありません。そもそも、りらは常に猫をかぶっていて、誰にでも愛想を良く振る舞う傍ら、その内実は相手を馬鹿にしているという、了が最も嫌うタイプの女の子です。しかし、一見腹黒のように見えるりらの行動や言葉の意味をよくよく吟味してみると、決して了が思っているような嫌な女の子ではないことがわかります。了に近付いて来たのも、当初こそ「猫が見える者同士で本音トークがしたい」という理由でしたが、話が進むうちに、実はそれが建前だったのではないかと思えてきました。

サービスシーンが満載! 作者様による自然なこだわり

「猫戸さんは猫をかぶっている」に登場する女の子たちは、全員とにかく可愛いです。女の子の柔らかさが伝わってきそうな絵の質感が、彼女たちの魅力を大幅にアップさせていると言っても過言ではないでしょう。学園を舞台にしたラブコメ作品ということで制服姿が基本となっていますが、夏菜のアルバイト先がメイドカフェだったり、学園祭の受付で着物やナース服を着せたりする等、やりたい放題です。思わず、作者様に「いいぞ、もっとやれ!」という言葉を贈りたくなります。

単なる着せ替えだけでなく、見せ方も素晴らしいです。計算づくで可愛らしさを演出するりらの姿も、絵の巧さのお陰であざとくも可憐に映りますし、天然でややおっちょこちょいな面のある夏菜のボディタッチにも、嫌味な感じがありません。そう思えるのは、主人公・了自身がちょっとエッチな体験をする、いわゆる「ラッキースケベ」として描かれている場面が少なく、階段を下りる、向かい側の机に座って教科書を読むなどといった自然に起こりえるシチュエーションのお陰かもしれません。

物語の後半に「猫化」の副作用と思われる症状のせいで、りらが結構年齢制限ギリギリになってしまうシーンがありますが、青年コミックスならばそういうシーンになだれ込むような状況であるにもかかわらず、あまりエロく感じません。何故りらがそこまで追い込まれたのかについては実際に本のほうをお読みいただくとして、スレスレのサービスはするものの、極端に走らない作者様のチラリズム的こだわりが感じられます。一歩間違えば下品になりがちなサービスシーンで、女の子の可愛らしさとキュートなイメージを保っているのは素晴らしいと思います。

まとめ

「猫戸さんは猫をかぶっている」は、普通の人にはない、ちょっと変わった能力を持つ男子高校生と、彼を取り巻く少女たちが織り成す学園ドタバタラブコメディです。第1巻目の本作では、波風を立てず平穏に過ごしたい了と、彼が密かに想いを寄せる夏菜、了の秘密を知って接近してきたりらの三人を中心とした学園生活模様が綴られています。まだ顔見せ程度ですが、夏菜と同じく猫をかぶらない少女も登場しており、了の周囲からますます目が離せません。

可愛らしい絵柄や突飛な設定とは裏腹に、幼さを残しつつも大人になりかけている高校生たちの、言葉不足から来る小さなすれ違いや、子供の目から見た大人の思惑、本音とは一体何なのかといった深いテーマがきめ細やかに書き込まれており、思わず考えさせられてしまいました。学園ラブコメとして気軽に楽しめる本作ですが、ふとした場面でのキャラクターの表情や仕草に注視しながら読むようにすると、それが後のエピソードに繋がっていたりして、物語の面白さが倍増するでしょう。

絵に関しては、先に述べさせていただいた通り可愛らしいタッチで、悪い意味でのクセもありません。あえて言うなら微妙に同人誌っぽさがありますが、わからない人には全くわからない程度だと思います。構図もごちゃごちゃしておらず、全体的に読みやすいです。猫戸りらの表紙イラストが実にあざといですが、それがいいという方なら文句無しに楽しめるでしょう。女の子とのイチャラブに発展するにはもう少し時間がかかりそうですが、それは2巻以降に期待したいと思います。

オススメ度
★★★★★★★★★★ ★10

Pocket
LINEで送る