Pocket
LINEで送る

ガウちゃんといっしょ(1) (アクションコミックス)

新刊の作品を何冊か巡っているうちに表紙から選んでいる事が多いのですが、今回目に留まったのがこの「ガウちゃんと一緒」という作品でした。

その表紙だけで判断すると一人の女性が動物とも人とも取れぬ謎の生き物にエサを与えている絵になっています。もしかしたら異世界からきた謎の動物をこの女性が保護し、共に成長していくというストーリーになるのか?と頭を過ります。

しかし半面、この生き物の形状からそこまでの深い理由があるのだろうか?と疑問にも思いました。気になりKindle版を購入。早速続きを読んでみる事で謎が解けていきます。

あらすじ

主人公は川原結依(かわはらゆい)30歳、独身のOLで一人暮らしをしています。話自体は由依が自宅のベッドで寝てる所からはじまり、ペットの「ガウちゃん」に起されます。

1話目では二人の関係性や、出会ったきっかけ、職場での生活を軽くなぞる感じで終了(と、言ってもかなりガウちゃんの存在が際立っています。)休日の散歩の話や由依と一緒に入るお風呂の話、友人と共に合コンに行った話等を織り交ぜながら話は進行。

終盤頃にはもう一匹のガウちゃんと同じ種類の生物であるガウチョ侍を飼ってる後輩の宮迫君(みやさこ)と出会い、二人の距離を縮めていきます。最終的にはこの宮迫君を由依は部屋に泊めてしまうのですが…。その後の展開はご自身の目でお確かめ下さい。

感想

ガウチョ侍と由依のかけあいが毎回クスッとしてしまう。

引用元: ガウちゃんといっしょ(1)、河上だいしろう、双葉社、/Kindle版、p18

ペットのガウチョ侍という生き物が存在して当たり前の世界でこの作品は成り立っています。所謂、キモかわいいという生き物ではありますがこのキモかわいいの個性を確立させているのはやはり由依の人間性です。

設定上独身で彼氏無しということですが、美人で性格は明るい。そして後輩の面倒見も良く仕事もこなせる頼もしさ満点の自立した女性です。

そんなハイスペックな彼女ですが、このガウちゃんとの関わり合う事でより生活に華(?)をもたせてくれる事に…。 ガウちゃんとの関りがあるが故に生まれるストーリーが一つの良いアクセントになっていると言えるでしょう。

男女共に楽しめる作品になっている!

引用元: ガウちゃんといっしょ(1)、河上だいしろう、双葉社、/Kindle版、p86

主人公が30歳・独身・一人暮らし・OLという設定であるこの作品。寂しさからペットを飼うという観点や結婚のために合コンに向かうという話が織り込まれていますので、やはり女性へのアプローチもなされていることが垣間見えます。

またキモかわいいガウちゃんの容姿や行動から察するに男性受けも感じ取れるので、男女共に楽しめる作品になっていると思います。女性の一人暮らしの生活や心境を垣間見えるという意味では、個人的に新鮮でもありました。

一話だけですがお風呂シーンも前半に用意されています。由依のスタイルも良いという印象で描かれているので、そちらも少しだけ見所ですね。

ガウちゃんの人間臭い一面もまたこの作品の醍醐味!

引用元: ガウちゃんといっしょ(1)、河上だいしろう、双葉社、/Kindle版、p104

この生き物は言語が使えないだけで実質的には人間と何も変わりありません。それくらいのレベルで人間臭いです。出されたエサに関して気に入らなければ露骨に嫌な顔をし、食べてまずければ舌打ちします。

最終的には新しいエサを由依からもらうまで食べずに我慢していました。また、会社の後輩である宮迫君を部屋に招いた時も、由依に手を出さないかと睨みつけシャワーの時も寝る時もずっと監視しているという徹底ぶり。

ラストのオチは読んで確認して頂きたいですが、この一連の流れを読んだだけで私自身はガウちゃんへの情が芽生えていました。

まとめ

引用元: ガウちゃんといっしょ(1)、河上だいしろう、双葉社、/Kindle版、p128

読み始めの頃は「なんだろう…この濃い生き物は…」と思っていたのですが読み続けているうちに愛着が沸き始めてきます。動物を間接的に飼っているような感覚になっていき、要所要所で見せるガウちゃんの表情に笑わせてもらいました。

犬や猫では当然ありえないような出来事が起きるのですが、この作品ではこの生き物は居て当然であるという事が前提で描かれているため生態についての構造を我々が作品の中で発見させて頂けているという面白みも感じることが出来ます。

動物は飼いたいけど一瞬上の都合で飼えない、飼ってみたいけど勇気がない…!そんな方は是非こちらの作品を読んで漫画の中で由依と一緒に飼ったつもりになって楽しんでみるのもいいかもしれません。

元ニコ生主、現役ミュージシャン。ライターとしては新米。自身にとって無縁であった漫画とライターの世界に飛び込み、目下勉強中。

Pocket
LINEで送る