Pocket
LINEで送る

何よりもまず先に言いたい事は「キャラクターがかわいい…」という点です。小難しいことは抜きにして『こずみっしょん!』に登場するキャラクターはかわいいということをお伝え致します。かわいいキャラクターを目に映すだけでも私達の心は癒されるものです。

ですが、かわいさだけが本作の魅力ではありません。そのかわいさを増幅させるようなキャラクターの作りこみが為されている点も見逃すことはできないでしょう。萌え記号を組み合わせただけのキャラクターではなく、生きている人物として彼女達は描かれているのです。

萌え漫画というと永遠に続く日常が描かれるものですが、本作ではきちんとエンディングが描かれています。キャラクターの特性を元にしたストーリーの流れや起伏が描かれ、最終的にラストを迎えるという作品なのです。漫画作品として見た場合、完結しているというのはそれだけで価値があります。

あらすじ

季節は春、真木鈴子(まき すずこ)が樺山(かばやま)女子学院に入学するところから物語は始まります。鈴子はいわゆる中二病で中学時代に友達を作る事ができず、何とか樺山女子学院で高校デビューをしたいと思っているわけです。

自己紹介の際、鈴子の高校デビューは案の定失敗しますが(自分で過剰に失敗したと思い込んでいるだけとも言う)ある美少女に目を奪われてしまいます。それが星垣臣美(ほしがき おみみ)です。鈴子は明るい元気な様子で自己紹介する彼女が気になるようになってしまいます。

ふとしたことで臣美に話しかけた鈴子ですが、その際に臣美が宇宙人と思い込んでいる美少女であることが分かります。その姿に中学時代の自分を重ね合わせた鈴子は臣美と友人になりました。それからUMAや宇宙人の謎を解き明かす不思議解明部という部活に所属することになり、で真面目な黒瀬(くろせ)ハナ子や霊感ゼロの部長の樺山奈央(かばやま なお)を巻き込んだ学校生活が始まるわけです。

感想

萌えの光と影…キャラクターの暗部からコクのある萌えが生まれる

萌え漫画のキャラクターと言えば、かわいい要素つまり萌え記号を付け足して作られることが多いのですが、それではライトな萌えで終始してしまうものです。いわゆる「あの娘かわいいじゃーんピューウ!さーてメシでも食うか…」という感じで萌えが流れてしまいます。ですが『コズミッション!』では萌えが流れることはありません。それぞれのキャラクターに影が備わっているためコクのあるまろやかな萌えを楽しむことができるのです。正に榛名まおの妙味といったところかもしれません。同氏の作品に登場するキャラクターには結構な頻度でキャラクターに影があるのです。

例えば主人公の鈴子は「ぼっち」という属性を備えているのですが、ただ単に「ぼっちでさみしい」という訳ではありません。ぼっちになるだけあって思い込みが激しく1人の世界に入ってしまいますし、他人の前では狼狽しダブルピースを決めたりするほどです。また、過去にはいつも体育の時間に先生とペアを組んだり昼食は1人で食べていました。このように、きちんと「ぼっち」になる理由が詰まったキャラクターとして鈴子は描かれているのです。説得力があるため次第に読者は漫画の世界に引き込まれ存分に萌えを楽しむ事ができるでしょう。

それから臣美ですが、ショートカットのネコミミガジェットをつけたこのキャラクターはとんでもないですね。萌え指数で言うと1兆超えてしまいました。臣美は真面目で友人思いの疑うことを知らない純粋なキャラクターです。が、その裏に隠された秘密は途轍も無いもので少し悲しみを背負っていたりします。そのあたりは1巻巻末や2巻で描かれることになりますが、臣美のことをきっと好きになるはずです。基本的に優秀なのですが、時折見せるうろたえた表情にもたまらないものがあります。不思議解明部の部長に詰め寄られたときはもう…萌えが大爆発しているとしか言いようがありません。

臣美のかわいらしさが罪の領域にまで到達している

基本的にこの作品に悪い点は存在しないのですが、強いて言うなら臣美がかわいらし過ぎるという点かもしれません。キャラクターの中でも魅力が格段にズバ抜けているためどうしても他のキャラクターの魅力は相対的に低下してしまうのです。だからといって他のキャラクターに魅力が無いわけではありません。メインキャラクターは鈴子と臣美ですが、不思議解明部の部長の奈央やそのサポート役のハナ子も魅力に溢れたキャラクターとなっています。

例えば奈央は不思議解明部の部長でありながら霊感ゼロという点はとてもユニークです。部室にある壁にとりついている怨霊はうめき声を上げているのですが部長いわく「壁のシミ」ですし、明らかに宇宙生命体な生物も「犬」と部長は言います。そんな部長に対してハナ子は全部理解していながら部長の考えをそのままにしておくのです。こうした二人のやり取りは萌えというより4コマ漫画として面白いので、それはそれで良いのですがどうしても臣美のかわいさが勝ってしまいます。

萌えと漫画としての面白さというのは興味深いポイントですが、本作ではしばしばそれぞれが分離している構造となっています。もちろん萌えと面白さが両立している場面もあるため一概に言うことはできませんが、こうした構造は臣美の圧倒的なかわいさによって瓦解しているのです。といってもこうした話はややこじつけに近い悪い点の見つけ方とも言えます。本作を読み進めていけば普通に嵌まるので悪い点を見つけることすら難しいはずです。

絶妙なバランスを保つ作品の世界観

『こずみっしょん!』の他にも4コマ漫画でストーリーが語られる漫画はたくさんあります。ですが本作はユニークな点として、あくまでギャグとストーリーの中間に立っているという点を挙げることができるでしょう。ストーリー系の4コマ漫画は時折ギャグを忘れてしまい、オチの無いストーリーを語るだけの4コマが連続することも珍しくありません。話を進める上で仕方無いのかもしれませんが、本作ではストーリーが語られる場面にもギャグを挟み込んでいくのです。

そのため読者は深刻な感情を抱くことなく気軽に漫画を読み進めていくことができます。軽いようで重い、重いようで軽いそんな世界観が『こずみっしょん!』の中で息づいているのです。これは非常にユニークなポイントと言えるでしょう。あくまで本作は「萌え系4コマ漫画」であって「ストーリー漫画」ではないのです。枠組みからの逸脱をせず「萌え系4コマ漫画」というルール内で萌えやストーリーを描いています。ある意味『こずみっしょん!』は軸がブレていない厳格な作品なのです。

こうした構造をもった作品なので読後感は良く、さっぱりした後味が残るでしょう。萌えという光に暗い要素を加えコクを出し、かつ読後感は爽やかという漫画なのです。一見、普通の萌え漫画に見えるかもしれませんが『こずみっしょん!』はもっと評価されるべき厳格な萌え漫画と言えます。正に萌え系4コマ漫画の読者に捧げた作品と言えるでしょう。もしこの作品に嵌まったなら榛名まおの新作漫画『のけもの少女同盟』もチェックしてみて下さい。

まとめ

榛名まおの『コズミッション!』はいつでも楽しめる時代を問わない萌え系4コマ漫画です。ストーリー漫画は一度読み終えるとなかなか再度読むことが無い、という方なら何回でも楽しむことができるでしょう。萌えな場面が散りばめられているのでそのページをめくって萌えることができるからです。萌え漫画とストーリー漫画の境界線上にある作品なので、色々と楽しむことができると言えます。日常漫画としてもストーリー漫画としても秀逸な作品です。

また、少しお色気もあります。主に臣美に対する鈴子の妄想や言動がメインとなりますが、これも本作の大きな魅力と言えるかもしれません。萌えとふんわりエロは切っても切れない関係にあり、本作ではそれを見事に描いています。直接的なエロではなく間接的で、こう…グッとくるエロ表現というのは私達をいつでもモギモギさせてくれるので貴重です。普段エロエロな表現に慣れている読者なら、この薫風のようなエロ表現を十全に楽しむことができるでしょう。

終わりとなりますが『こずみっしょん!』は萌え漫画として高いレベルにある作品です。萌え要素のあるキャラクターにはそれぞれ影の部分があり、複雑な魅力をたたえています。またストーリーが存在しますがあくまで萌え系4コマ漫画の枠内に収まっているため読後感は爽やかさっぱりレモン味といったところです。萌え漫画として優れた作品なので是非読んでみて下さい。臣美のかわいさにやられつつ奈央とハナ子のやり取りや鈴子のぼっち振りに心を打たれてしまいましょう。

オススメ度
★★★★★★★★★★ ★10

記事担当:くもすい

Pocket
LINEで送る